遺産相続の困った問題

2016/09/10

遺産相続を巡るトラブルで困ったというか辟易させられたのは、本来、遺産相続をする権利のない父方の兄弟親族までが遺産相続に名乗りを上げてきたことでした。

父が亡くなったとき、遺言等は特になかったので、基本的には相続する権利を持つ私の母、長男である私、次男、そして末の妹にあたる長女の合計4名が相続人となるのが基本なのですが、父と関係の深かった父方の親族が遺産相続に名乗りを上げてきたり、遺産配分の方法に難癖をつけてきたりして非常に困った経験があります。

また、私を含め、都会暮らしの長い人間は意外と権利関係についてはドライな面が強いのですが、父の親族は田舎暮らしが長く、社会常識に関する意識が都会人とは大きく異なっていたのもかなり参りました。

先ほども少し触れましたが、私の勤め先に電話をかけてきたり、会社の同僚に愚痴や不満をこぼしたりと、私の人間性まで会社の人間に疑われかねない情報を真偽を別にして吹聴されるので、会社での私の立場まで危うくなりかねたこともあり、また、そういったことに対する注意を私が行っても言うことを聞いてもらえず、やむなく弁護士の先生から注意することで収まったというようなことまでありました。

私は遺産争いの当初、こういったことを仲介してくれる法律家等の専門家の存在を知らなかったのですが、実は世間の色々なところでこういったトラブルが多発していて、こういった問題を専門としている法律家がたくさんいることもその時初めて知りました。